MENU

ローン中の車を買取りで売る事が出来るの?

中古車を売る時の選択肢の中で、特によく利用されている方法は「中古車買取業者に買取ってもらう」というものです。
他にも、オークションを含む個人売買を利用して車を処分する人もいますし、中古車買取販売店やディーラーに下取りをしてもらうといった方法を選択する人もいます。
知人や友人へ譲渡する場合もそうですが、自動車を所有する人が変更される場合には名義変更手続きが必要です。

 

名義変更手続きを行うために必要な書類の中には、「現所有者から新所有者へ名義を変更する」といったことを証明するためのものがあります。
自動車の所有者や使用者は陸運局で登録管理されていて、自動車のナンバーや車体番号などから持ち主(所有者)を調べられるようになっています。
この仕組みに関する説明は省きますが、要するに「1台1台が確実に管理されている状態であり、自動車に関する裁量権は使用者(名義人)に対して与えられている」ということを覚えておきましょう。

 

本来であれば、自動車を購入した人(契約者もしくは指定した人)が名義人として登録されることになりますが、「カーローンなどを利用して自動車を購入した場合」に関しては、実際に自動車を所有、利用している人ではなく、利用したローン会社が名義人となって自動車を購入することになります。
つまり、所有者(名義人)はローン会社、使用者が持ち主という形になります。

 

自動車を処分する時には名義人の同意が必要になることは説明した通りですが、この状況では「ローン会社が自動車の処分(売却)に同意する」ということが必要です。
また、それを証明するための書類を名義人が作成することになります。

 

ローン中の自動車には、ローン会社にとっての担保としての意味があります。
万が一、返済が滞ってしまっている場合であっても、最悪でも自動車本体を回収することができれば多少の補てんができるという意味合いがあるため、「売却したお金でローンを完済する」「事前にローンを完済する」といった方法でなければ、基本的に自動車を売却することはできません。
もし、ローン会社の同意がない状態で売却してしまった場合、金融車という形で流通することになるので様々なリスクが起こり得る可能性が出てきます。

 

しかし、のっぴきならない状況でローン中にもかかわらず自動車を売却しなければいけないこともあるため、ローン会社も一様に「完済が条件」として突っぱねる訳ではありません。
相応の理由がなければ応じてもらえない可能性は高いですが、まずは一度相談してみることが大切です。もしかすると、残債がある状態でも快く自動車の売却に応じてもらえる可能性もあります。

このページの先頭へ