MENU

買取店よりは価格が低めになる下取りとその主たる理由

ディーラーでの車売却では、総じて価格は低めになる傾向はあります。買取店と比べれば、全体的に価格が低めになるのは事実です。

 

ディーラーでは買取金額は低くなりやすい

 

ディーラーは、よく買取専門店とは比較される傾向はあります。それで専門店の場合は、確かに売却価格は高くなるケースは多々あるのです。特に特定車種に関しては、買取専門店はディーラーよりは高い傾向はあります。
ですから金額の高さだけに着目をすると、確かにディーラーの方が不利な一面はあります。

 

例外的なケースもある

ではディーラーであれば確実に低くなるかと言われれば、そうとも言えない一面もあるのです。というのも、中には例外的な状況もあるからです。
例えば在庫状況が不足している事も、たまにあります。そもそもディーラーとしても、特定の車種を仕入れたいと思っている事もたまにあるのです。
それで車の売却価格が高くなるかどうかは、在庫状況にも左右される一面はあります。お店側がどうしても車を仕入れたい時などは、かなり金額が高めになる事もあるのです。
ただし、そういう状況になる確率は若干低い傾向はあります。ごく稀に、ディーラー店でも高くなる事はあるのですから、必ずしも下取りは損とは断言できないでしょう。

 

ディーラーの買取ノウハウに関する知識

ではなぜディーラーで買取価格が低くなるかと言うと、知識面に関する問題があります。
そもそも買取に関する価格は、売却のノウハウや知識面に左右される事が大変多いです。やはり知識があまり多くないと、売却額を算出するのも難しくなってきます。
それでディーラーというお店は、販売に関するノウハウは長けているのです。逆に売却に関するノウハウは、あまり多くない事もあります。ですから買取店と比べれば、若干金額が低くなるケースも多い訳です。

 

取引先の理由で低くなる

またディーラー店は、買取店と比べると取引先が限定されている事もあります。そもそも買取店としては、一旦は来店客から買取った車を、どこか別業者などに流している事もあるのです。それで提携先で、かなり高く売れるケースもよくあります。事故車などは、特にそういう傾向があるのです。
ところがディーラー店ですと、提携しているお店がかなり限定される事もあります。ですから買取店よりは、若干金額が低くなる事もある訳です。
ただし上記でも少し触れた通り、たまに例外はあります。ディーラー店が何とか在庫を確保したい時などは、買取価格が高くなるケースも、たまにある訳です。

このページの先頭へ