MENU

下取りと買取はどちらがいいのか?

下取りと車買取では、どちらも車の売却自体は可能です。ですがその2つは、様々な違いもあります。どちらの方が良いかは、それこそ状況次第なのです。

 

車の売却数字に関する違い

まず一般的には、売却数字は買取店の方が高めになる傾向があります。
なぜならディーラーは、必ずしも車の売却ノウハウに長けているとは限りません。
販売ノウハウが豊富でも、売却はあまり詳しくないディーラーも多いのです。
また買取専門店の場合は、特定の強いパイプを持っている場合があります。
一部の業者との強いつながりがあるので、ディーラーよりも高く売れるケースもあるのです。
したがって売却額自体は、買取店の方が良いと言えます。

 

購入に至る手続きは下取りがスムーズ

ところで車を売却しようと考える方々は、必ずしも売却だけを行う訳でもありません。他にも様々なパターンはあるのです。
例えば買い替えを考えているパターンです。長らくある車を使い続けてきたものの、老朽化などが理由で、新しい車が欲しくなる事もあるでしょう。
そういう時に、買い替えを検討するケースもよくあります。
それでディーラー店では、そういう買い替えには向いている一面があるのです。ディーラーによる下取りというシステムは、あくまでも車の購入が前提になります。
そこで新車を買う事を前提に、今まで保有していた車を売却する手続きになるからです。
そして1つのお店で購入と売却の両方を行いますから、かなり手続きがスムーズになる傾向があります。
ですから買い替えを検討している方々にとっては、買取よりも下取りの方が良い一面もあります。

 

車売却だけを検討しているなら買取店も一法

しかし、もちろん買い替えだけに限りません。車の売却だけを行いたいというパターンも、しばしばあるのです。
例えば故人の車を引き継いだ時などです。ご両親が保有していた車を、息子様が引き継ぐケースもしばしばあるでしょう。
ところが引き継いだ方が、車を全く使わないパターンもあるのです。一応は車を引き継ぐことにはなりますが、そもそも遺族は運転免許を持っていない事もあるでしょう。
そういう時は車の購入を行わないケースも目立ちます。
そういう時は、むしろ下取りよりも買取の方がベターとも言えます。
何せ新しい車を買わない訳ですから、わざわざ下取りで車を購入する必要もありません。
そして上記でも触れた通り、買取店の方がディーラーよりは売却価格は高めになる事が多いのです。
ですから車を引き継ぐような状況ならば、下取りよりはむしろ買取がベターと言えるでしょう。

このページの先頭へ