MENU

なぜお店により車の買取り額に大きな差が出るのか

車の売却額は、お店によって差は生じます。全く同じ車でも、お店により数十万以上の差が生じる事もよくあるのです。
その理由として、手数料に関する考え方や、車の専門知識などが挙げられます。

 

売却額から手数料は引かれている

そもそも車を買い取る時には、必ず手数料に関する差し引きが行われているのです。
実際見積書などを確認してみると、費用の内訳が書かれている事も多いのですが、内容を見てみると手数料などと記載されている事もあります。
例えば買取金額が、30万円だとします。しかし実際の売却額は、30万でない事もあるのです。
本来ならば、40万といった具合です。つまり差額の10万を、買取店が差し引いている事になります。

 

お店によって手数料の金額が違う

それで買取店により、手数料に関する考え方はそれぞれ異なるのです。比較的多くの手数料を徴収するお店もあれば、その逆もあります。
例えばお店Aの場合は手数料が10万ですが、お店Bでは6万などの具合です。
様々な売り上げ数字などの問題があって、そういった差額も生じる傾向があります。ですからお店によって、買取り額も異なる訳です。

 

車の専門知識が金額に反映される

それだけではあります。専門知識の問題もあるのです。
そもそも車を買い取るお店は、それぞれ知識の詳しさは異なります。特定の車種にかなり詳しいお店もあれば、その逆もある訳です。
それで前者のようなお店は、総じて買取額も高くなる傾向があります。得意分野の車に対しては、ライバル店に負けないようにする為に、それだけ多くの金額を出せる訳です。
ところが余り詳しくないお店の場合、あまり車の金額を高くできません。赤字にならない金額だけを提示せざるを得ないので、売却額が低くなる事はよくあるのです。

 

在庫状況も金額に関わる

また稀に見られる事例ですが、お店の在庫に関する問題があります。
そもそも一部のお店は、特定の車を何とかして確保したいと、強く願っている事があるのです。
取引先との兼ね合いなどがあり、とにかく一刻でも早く車の在庫を確保したいと考えているお店もあります。
そういうお店の場合は、多少高い売却額でも問題無いと考える訳です。何せ在庫を確保するのが一番大切ですから、多少は買取額が高くてもやむを得ないと考える傾向があります。
それが買取り額に反映されて、若干数字が高くなるケースもあるのです。
もちろん在庫がほぼ充足している状況なら、必ずしも買取り額が高めになるとは限らないでしょう。

このページの先頭へ