MENU

車を売る時に傷は直す?直さないほうが良い?

車は綺麗な方が高く売れるのは当たり前の事です。
新車に近ければ近いほど査定額は上がっていきます。
傷の程度にもよりますが、ほぼ新車でもない限り無傷と査定されることは殆ど無いと思った方が良いでしょう。
どれだけ綺麗に乗っていても飛び石跡や洗車傷は避けれませんし、細かい傷はついてしまうものです。
店によってはポリッシャーをかければ消える程度の薄く小さな傷、細かい傷は減点しない店もあります。
少しでも査定額を上げたいからといって知識や経験のない人がカー用品店などで修理用品を買い、自分でリペア作業をするのは考え物です。
リペア作業などに知識があり慣れていて、塗料なども用意できる場合は直して綺麗に仕上がれば傷なしの評価につながる可能性はありますが、素人が作業をしても綺麗に直るどころか塗装が剥げてしまったり、コーティング被膜をはがしてしまう可能性があります。

 

その場合はもちろん査定額は下がってしまうので、さわらないほうが良いでしょう。

 

 

傷の大きさや個数によって査定額は変わる!

傷の大きさを小さくすることによって査定額は変わります。
例えば運転席のドアから後部座席のドア、後部バンパーまで擦ってしまった跡があるとします。
もしコンパウンドなどで綺麗にとれる程度の軽い傷であれば、取ってしまった方が良いでしょう。
この場合はドア二枚分、バンパーの計3枚分の査定額を下げないようにできます。
ただ先述の通り、綺麗に補修出来ればの話なので、技術を持っていない限りはさわらないほうが良いです。
傷の大きさですが、小さな傷はカード1枚分程度、それ以上は大きな傷と判断されます。
傷の個数ですが、1つ以上は複数と判断される場合が殆どです。なので傷をある程度修復できたとしても2つ以上残ってしまう場合は査定額は変わらないので、そのままにしておきましょう。
特に黒など濃い色の車はリペア跡などがわかりやすいです。白やシルバー系の色は比較的わかりにくいです。

 

大きな傷は修理してから査定に出した方が得なのか?

バンパーを駐車する時にぶつけてしまった跡や、自損事故などでドアがへこんでしまっている場合はどうでしょうか。
もちろん直した方が査定額は上がりますが、修理費の方が高くなってしまう場合が殆どです。
ドアやバンパーなどの修理は国産車で安く見積もっても3~5万円はしますし、10万近くする場合も有ります。
なので大きな傷もさわらないほうが良いでしょう。
事故をしてしまったことを黙っていても、査定士はごまかせません。
車は修理をした時にどれだけ綺麗に直したとしても、骨格にダメージがあれば、修理したとわかるようにしか直せません。
査定士はしっかりそこをチェックします。事故をしてしまった車を査定に出すときは、事前に一声かけておくのがマナーとも言えます。黙っていたからと言って査定額は上がりません。

 

まとめ

傷は知識や経験がない限り直そうとしないほうが良いです。傷は個数や大きさによって査定額は変わります。大きな傷は直した方が費用が掛かるのでそのままにしましょう。
事故車は事前に一声かけましょう。軽くぶつけた程度では事故車とみなされることはありません。
基本的には傷は触らず、綺麗に洗車をして持っていくのが良いでしょう。

このページの先頭へ