MENU

車を売る時に必要な書類について

車を売る際には、自分で、いくつかの必要な書類をそろえておかなければいけません。
いざ車の売却の手続きをしようと思った時に、書類がそろっていなければ、手続きが出来ませんので、困らないように、事前にしっかりと準備して確認しておくことが大切です。

 

必要な書類

1.自動車検査証(車検証)
自動車保安基準を満たしていると言う証明書です。
自動車の運行・運転時には、車内に携帯することが義務付けられています。
通常は、ダッシュボードやグローブボックス内に保管されている場合が多いです。
万が一、紛失してしまった場合には、すぐに管轄の運輸支局で再発行してもらう必要があります。

 

 

2.自動車損害賠償責任保険証(自賠責保険証)
「自賠責保険証」は自賠責保険に加入しているという証明書です。
「車検証」と同様に自動車の運行・運転時には、携帯することが義務付けられています。
通常は、「車検証」と一緒の場所に保管している場合が多いです。
万が一、紛失した場合は、加入している保険会社へ再発行を依頼します。

 

 

3.自動車納税証明書
「きちんと自動車税を納めている」と言う証明書です。
自動車税を納めた際に、発行されます。
毎年5月末に送付される納税通知書の下部に自動車納税証明書が付いています。
車検などの手続きの際にも必要になる書類なので、1.2.と同じダッシュボードの中に保管している人も多いです。
万が一、紛失した場合は、自動車税管理事務所及び各都道府県にある税事務所で再発行してもらいましょう。
軽自動車の場合は、市区町村の役所で再発行してもらえます。

 

 

4.自動車のリサイクル券
「リサイクル券」は、自動車のリサイクル料金を既に支払済みだという証明です。
通常は「車検証」「自賠責保険証」と一緒の場所に保管していることが多いです。
万が一、紛失してしまった場合には、陸運支局などの端末機で再発行ができます。
「自動車リサイクルシステム」のサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトして代用しましょう。

 

 

5.印鑑(実印)
印鑑は必ず、自分だけの印鑑であることを市区町村に登録した、「実印」でなければいけません。
自動車を購入する際にも必要だった印鑑です。

 

 

6.印鑑登録証明書
「実印」が、間違いなく登録されたものであると言う証明書です。
必ず3か月以内に、発行されたものが。必要です。
発行は印鑑の登録をしてある各自治体の窓口に依頼しましょう。
依頼時には、「実印」を登録した時に発行された「印鑑登録証」が必要です。

 

 

7.譲度証明書
車を第三者に譲渡することを証明する書類です。売却先が用意してくれます。

 

 

8.委任状
手続きなどを業者に代行してもらうための書類です。売却先が用意してくれます。

 

 

9.住民票、戸籍謄本
引っ越しや結婚などで住所や名前が変わった場合に、必要になります。

このページの先頭へ