MENU

車買取価格の変動要素についてどういものがあるの?

中古車買取価格を決める要因は、大きく分けると「相場」「売却方法」「車の状態」の3つです。
それぞれが密接に関係して最終的な買い取り価格が決まるため、基本的な仕組みを把握しておくことが必要です。
何も知らない状態でも高く売れる可能性はありますが、少なくともコツを知っている状態と比べると期待度は下がってしまいます。

 

相場とは

主に、「業者間オークションの平均取引価格」を基に算出される買い取り価格の基準となるものです。
中古車買い取り業者は、買い取った車を一般ユーザーに対して販売するだけでなく、同業者に対しても販売しています。また、仕入れの方法についても同様に、一般ユーザーからの買い取り以外にも同業者から仕入れています。

 

一般ユーザーが中古車買い取り業者から購入する価格よりも若干安いことの多いオークションですが、通常は一般ユーザーがオークションで購入することができないので、より厳密な価格で取引が行われます。
一般ユーザーに対して販売する場合は、業者間オークションの価格+利益などを考慮して価格設定をすることになり、業者間オークション価格=原価(買い取り価格)という認識になります。

 

業者間オークションでは、販売する場合の利益を考慮して購入価格(落札価格)が決まるため、ここでの取引価格(相場)が変動すると、一般ユーザーにとっても影響が出ます。

 

売却方法と

中古車を売る方法として、簡単に分けると「買い取り」「下取り」があります。
それぞれの詳細については割愛しますが、一般的に言われていることとして「下取りよりも買い取りの方が高くなる」といった状況がある通り、瞬間的な買い取り価格は「買い取りを利用した方が高くなりやすい」です。

 

しかし、必ずしも下取りの方が価格的に劣るというわけではなく、状況によっては下取りの方が高く売れる可能性もあります。
それは、先に紹介している「相場」や次に紹介する「車の状態」によって決まります。
特に、相場は買い取り相場と下取り相場ではまったく違った推移を見せることが珍しくなく、双方の相場変動を把握して最適な方法を選択することが必要です。

 

車の状態とは

誰が見ても「良い」と思える車と、誰が見ても「悪い」と思う車では、当然のように評価も違ってきます。
少しでも多くの人が「買いたい」と思える車ほど評価は高くなりやすく、「買いたくない」と思う人が多いほど評価は低くなります。
ただし、いわゆる「プレミアム価格」のようなものに関しては、例外的な対応になるので注意が必要です。

 

エンジンの状態、足回りの状態、見た目(内外装)の状態を良くして査定を受けることで価格アップが期待できますが、だからと言って、査定で良い結果を得るためにコストをかけてメンテナンスを行うことが必要かというとそうではありません。
かかるコストと期待できる結果の比較を十分に行い、メリットがある選択をしましょう。

このページの先頭へ