MENU

車の下取りとは?

車に関する下取りとは、新車購入と売却がセットになる手続きを指します。
今までにある程度は車に乗っていたものの、たまに新車が欲しくなる事もあるでしょう。そういう時には、基本的にはディーラー店で新車を購入する事にはなります。
ところで新車を購入するとなると、今までに保有していた車を何らかの手段で処分する必要があります。その際に、ディーラーに売却をする手段もある訳です。
そしてディーラーとしては、今まで持っていた車の売却手続きも行ってくれます。つまり新車を購入する事を前提に、ディーラーで売却も行うという手続きが、いわゆる下取りに該当する訳です。

 

 

車の下取りと買取の違いは?

下取りは、たまに買取と比較されます。その2つは、明確な違いもいくつかあるのです。
まず下取りの場合は、必ず新車を購入する事になります。それに対して車買取の場合は、必ずしも新車を購入するとは限りません。
例えば車を売却する為には、買取専門店に行くことがあります。そして専門店である以上、基本的には新車の販売を行っていない事が多いのです。ですから買取専門店では、新車の購入は行わない事になります。
ところが下取りの場合は、新車を購入する事もセットになるのです。そもそもディーラー店というのは、基本的には車の販売を行っているでしょう。そこで販売される新しい車を購入する事を前提に、売却も行う訳です。つまり購入と売却が、あくまでもワンセットという事になります。もちろん上記でも触れた買取専門店では、新車の購入が行われるとは限りません。つまり「新車購入を前提にするかどうか」が、その2つの買取と下取りの主な違いの1つなのです。
他にもあります。下取りの方が、買い替えに関する手続きがスムーズになる傾向があります。なぜなら1つのお店で手続きを行うからです。
それに対して買取専門店で売却する際の買い替えは、やや手間が大きくなる傾向があります。なぜなら新車の購入と、車の買取という手続きは、別々のお店で行うケースが殆どだからです。車の購入はディーラーで行いますが、買取は専門店で行うというパターンもあります。
一般的に車の売買に関する手続きの手間は、1つのお店を利用するか否かに左右されるのです。やはり複数店を利用する場合、それなりに手間は大きくなるでしょう。ですから買取専門店を利用した時の買い替えは、やや手間が大きくなります。
他にも違いはあるのです。売却額の大きさです。
そもそも車の売却額というのは、それぞれのお店によって違いはあります。基本的には売却金額は、お店の専門知識に左右される傾向があるのです。
一般的に専門知識が多いお店は、売却金額を高くしてくれる傾向があります。とりわけ買取に関するノウハウが多いお店は、その傾向が顕著です。
ですから買取専門店などは、売却額は比較的高めになる傾向があります。なぜなら毎日のように買取手続きを行っているので、売却に関するノウハウもかなり蓄積されているのです。
それに対してディーラー店の場合は、必ずしもノウハウが多いとは限りません。ディーラーというお店は、確かに「販売」に関するノウハウは多いのです。ですから中古車ショップで車を購入するよりは、ディーラーの方が良い事も多いです。
ところがディーラーの場合は、車の売却手続きには詳しいとは限りません。販売には強みがあっても、売却はあまり詳しくないディーラーも数多く見られます。ですから下取りと比べれば、買取の方が売却額は大きくなるでしょう。
したがって下取りと買取の違いは、主に「購入と売却がセットになるか否か」と「手間の大きさ」と「売却額の高さ」という3点になる訳です。

 

 

車の下取り相場はわかるの?

下取りの相場は、自分で調べる事は可能です。その具体的手段ですが、特定のサイトで調べる事はできるのです。
例えばあるサイトでは、中古車に関する沢山の情報が掲載されています。そこには市場で出回っている本体価格が掲載されていると共に、支払い総額も記載されている訳です。
またそのサイトには、中古車を検索できる機能も完備されています。基本的には車の情報を入力する事になりますが、自分が保有している車に近い情報を、サイトに入力してみる訳です。すると現時点で保有しているマイカーに関する価格情報が、サイトに表示されます。そういったサイトを活用して、下取り額を調べる事は可能です。
それと業者オークションのデータを自分で調べて、算出をする事も可能です。そもそも中古車ショップなどが買い取った車は、しばしば業者専門のオークションに出品されているのです。そして、その価格は調べる事もできます。
それで調べた価格に対して、85%を乗じた金額が、下取り額の1つの目安にはなります。例えば業者オークションにおける落札額が、100万円だったとします。それに対して85%を乗じれば、当然85万という数字が算出される訳です。それが下取りの大まかな目安額になります。
このようにWEBを活用すれば、自分が持っている車の大まかな売却額は、ある程度調べる事は可能なのです。それで把握した数字は、下取り額の一応の目安にはなるでしょう。
ただし上記で85%という数字を乗じるように、実際の下取り額は多少のズレが生じる事もあります。結局はディーラー店で実査定を受けるのが、一番確実な方法と言えるでしょう。ちなみにディーラーによる実査定は、原則無料になります。

 

 

車の下取りの査定基準とは?

ディーラーによる下取りには、色々な基準が設定されています。それでディーラーが定めている様々な計算式があるのです。それで合計点数などを元にして、下取り額が決定される事になります。
その具体的な基準ですが、まず年式です。数ある基準の中でも、1、2を争うほど重要度が高い要素です。
そもそも車が販売された時期は、それぞれ異なるでしょう。5年前に販売された車もあれば、もちろん10年前などもあります。それぞれ5年落ちと10年落ちという年式になるのです。
それで年式は、車の価格を大きく左右する要素になります。言うまでもありませんが、やはり年式が古い車の方が、ディーラー店による評価は低くなる事が多いです。
それと走行距離です。やはり長く走り込んだ車などは、それなりに使い込まれている雰囲気があります。とりわけ10万キロを超えた車などは、やはり査定額もそれなりに下がる事も多いです。逆に走行距離があまり長くなければ、評価が高まる事もあります。
また純正パーツがあるか否かです。人によっては車に対して改造を行っている事もあります。その際には社外パーツに付け替えている事も多いですが、ディーラーにとっては社外パーツはマイナスになります。逆に純正品が付けられた状態なら、査定額はそれほど下がりません。
他にもあります。例えばエンジンの状態です。
そもそも車は、物を運搬する機能自体が大切です。エンジンに問題があると、車によっては運搬が難しくなる可能性もあります。したがってエンジンが不審な車などは、やや評価が下がる事もあります。
その他にも、車に対するサビの有無なども査定基準の1つになります。また車に対して大きな損傷が生じているかどうかも、査定で確認されるのです。車に大きな穴が開いている時などは、やはり査定額は下がる傾向はあります。もちろん車の状態が良好なら、査定額にはそれほど大きな影響は及びません。
また書類なども、査定基準の1つになります。説明書や整備手帳などがあるか否かで、査定額も変わってくるのです。ですから車を購入した時に添付された説明書などは、大切に保管しておく必要はあります。

 

 

下取りより一括査定

車を高く売るには下取りより一括査定が売れる!という点についてですが、これは実話です。そもそも一括査定について無知な方もたくさんいると思うので、下取りと一括査定の違いを理解しましょう。
下取りとは、ディーラーや中古車屋などで車を購入する際に新しい車と引き換えに引き取ってもらう車の事です。価値のない場合もありますが、大抵の場合は値段を付けてくれその分割引されたりします。こちらはみなさんご存知と思います。
対して一括査定というのは、最近良くインターネットなどで見る大変便利な買取システムです。具体的なサイト名は上げませんが、申し込みもすべて自宅で完結することが出来ます。
最低限の入力が出来れば、申し込みは車検証の内容程度。後は電話連絡にて自宅まで買取店のスタッフが自宅まで見に来てくれます。
実は下取りはあくまでもその店舗の独自の買取金額であることが多いので、なかなか高いのか安いのかがわからないかと思います。一括査定なら最大で数十社からの見積もりを受ける事ができ、一番高く売れる業者に買取をお願いできます。
平気で数万から数十万の差が出るため損をすることが少なくなります。満足のいく金額で買い取ってもらってから次の車を購入しても遅くないと思います。

 

一括査定が高く売れる理由について少し詳しく書きます。
一括査定は複数の業者が相場を持っており、例えば知り合いのいる車屋さんとは全く違う査定が出ることが多々あります。
大手の買取業者も多く関わっているので全国の相場から適正な金額を出してくれるので、一般的な下取りよりも高く売れる訳です。
人によっては車が趣味で改造(アフターパーツ)にお金を掛けたり、目には見えないエンジンに手を加えたり深い愛着のある車を手放すシーンの方もいるかと思いますが、査定な際にそういった情報もきちんと伝えるとその分も加算した見積もりを出してくれる業者もあります。
中古車店はもちろんディーラーもなかなかその辺を加味した下取りはしてくれませんので、一括査定が上ですね。インターネットからの申し込みとなれば不信感を抱く方もいますが、いざやってみると何ら問題はありません。
後から勧誘の電話が掛かってきたり、ダイレクトメールに悩まされるということも無いです。
ネット上でも、他社より○○万円高く買い取ってもらえました!といった記事を良 く見かけますが、実際にそういう方はたくさんいます。
まずは一度申し込みしてみ るのがオススメです。当たり前ですが、買い取りは絶対ではありません。辞めるこ とも可能です!連絡の来ているすべての業者に対して連絡することもありません!自分の気になる業者と連絡を取り合ってみて下さい!

 

 

車を売る時に買い取り金額をアップさせる方法

どういった売却の仕方をするかにもよりますので全般的なことを書きます。例えば個人的にオークションサイトで売却する。
知り合いに個人売買にて売却する。といったようなやり方は考えないとします。
当たり前ですが車自体の美化は欠かせません。洗車をしワックスを掛ける!取れる傷は取る!社内のゴミを捨て掃除機をかけてパネル類を磨く!このくらいは最低やっておくべきです。
普段やらない下回りの洗浄なんかもやっておくといいでしょう。結局は、査定員が見たときの第一印象を良くするためにも必要なことです。
そしてスタッドレスタイヤやワイパーの替え、アフターパーツを取り付けたために出た純正のパーツ、外した部品といった付属品もすべて用意しておくといいでしょう。
無い場合は仕方ありませんが取り扱い説明書や記録簿もしっかり揃っているとポイントが高くなります。
よく自分で部品を取り外しそのまま出してしまう方がいますがそれだと金額のダウンに繋がりますので、せめて純正の付いていた部品に戻しておくなどの処置をした方がいいです。
古い車に限らずともボディーに傷が付いていたり、シートにシミがあったりといった老朽した部分は仕方ありません。ですが綺麗に大事にしているんだということが伝われば、きちんと査定に響いてきます。
中には改造車を高く買い取る業者があったり古い車、軽自動車を積極的に買い取る専門の業者もありますので自分の車に合った業者に査定の依頼をし、当日になる前に上記に書いた内容をしっかりやっておいて下さい。
後は諦めず自分の希望を伝えてみることも大事です!場合によっては加味してくれますしね!複数の業者を利用してみると中身が見えて来ますので、地元の業者から、大手の業者まで、まずは話をしてみましょう!
必ず条件に合う所が見つかるはずです!筆者の書いた記事が、これからのみなさんのカーライフの手助けになることを祈っています。
一つ一つの内容を理解し、ポイントを整理していけば、誰でも高く売ることができますよ!

車を売る時はいきなり下取りに出すとだめなの?

車を売る際には、直ちに下取りが検討される場合があります。実際、下取りでも車の売却を行う事自体は可能です。そして直ちに下取りに出すべきか否かは、本人の希望次第とは言えるでしょう。状況によっては、直ちに下取りに出さない方が良い事もあります。
まず車の売却額というのは、お店によって異なる事だけは間違いありません。専門知識の多さによって、数字の差が生じる事は多いのです。
例えば自分が保有している車は、アメ車だとします。そういう車は、一部のお店では高額売却が成立する事もあるのです。
というのも中には、アメ車専門店があります。毎日のようにアメ車の買取を行っているので、かなり売却額が高くなる事もあるのです。
何もアメ車だけではありません。事故車買取の専門店もあれば、社用車に強みがあるお店など、それこそ多彩です。
こういった専門知識の違いにより、お店によって数十万前後の差が生じる事もあります。お店Aでは買取額が80万円台ですが、お店Bでは65万円前後といった具合です。
それで下取りの場合、全体的に売却額は低くなる傾向があります。そもそもディーラーというお店は、必ずしも売却ノウハウが多いとは限らないのです。新車を販売する知識は豊富なのですが、売る事に関する知識はあまり詳しくないお店も目立ちます。
それで上記でも言及した通り、車の売却額は知識量に左右される事が多いです。ですからノウハウが多い買取専門店の方が、下取りよりは高くなる傾向は実際あります。
そして「車を高く売りたい」というニーズがあるなら、直ちに下取りに出すのは良くない事もあるのです。まずは、色々なお店から車の買取額を提示してもらう方が良いでしょう。それで各お店の数字を知った後に、改めてディーラー店から査定額を出してもらう手段があります。それで高い方に車の売却を行えば良い訳です。
しかし人によっては、車の売却額というより、もっと別の要素を重視している事もあります。とにかく「手間を抑えたい」というニーズもあるでしょう。
一般的に買取店よりは、下取りの方が手間は小さくなる傾向が確かにあります。売却も購入もディーラーという1つのお店で行うので、買い替えなどはスムーズになる事が多いのです。
ですからあまり面倒な手続きを避けたいと思うなら、いきなり下取りに出すのも一法とは言えるでしょう。売却額を重視するか、それとも手間を重視するかにより、最適な選択肢も変わってくる訳です。

 

 

下取りより買取の方が高く売れるの?

下取りよりは、やはり買取の方が高額売却になる傾向があります。理由は、売却に関するノウハウです。
買取店の場合、毎日のように車買取という手続きを行っている訳です。ですから、自然と車売却に関するノウハウも蓄積されていく傾向があります。それぞれの車の相場感覚なども、買取店の方がよく知っている事が多いです。
逆に下取りの場合は、必ずしも車売却に詳しいとは限りません。そして売却額というのは、総じて知識の多さに左右されるのです。やはり知識量が多いお店は、売却額が高くなる傾向は確かにあります。ですから買取の方が、ディーラーよりは高額売却になる確率は高いでしょう。
しかし、たまに例外もあります。そもそも車の売却額は、在庫状況にも左右される傾向はあるのです。
そしてディーラーによっては、たまに特定の車を何とか確保したいと考えています。お得意先との都合があって、何とかして車の在庫を揃えたいと思っているお店も、稀にあります。そういうディーラー店でしたら、買取店よりは高くなる可能性はあるのです。ただしその事例は、あまり多くありません。

 

 

車の下取りと買取はどちらがおすすめなの?

下取りは、たまに買取と比較されます。そして買い替えのスムーズさを求めるなら、下取りがおすすめです。
というのも買取ですと、少なくとも2つのお店で手続きを行う事になります。買取専門店で売却をし、ディーラー店で購入するというパターンも多いです。2つのお店が関わると、どうしても手間が大きくなります。それよりはディーラーの方がスムーズでしょう。
しかし売却額の高さを重視するなら、話は別です。一般的に買取の方が、ディーラーよりは売却額が高くなりやすいからです。買い替えをスムーズに行うというより、金額的にお得にしたいと思うなら、むしろ買取の方がおすすめと言えます。
それと、そもそも新車購入を行うかどうかです。例えば相続手続きなどでは、新車を購入しない事も意外と多いです。故人の車を相続する遺族は、自動車免許を持っていない事もあるでしょう。
そういう状況ですと、新車を購入するニーズが無い事もあります。その場合新車購入をする必要も無いので、むしろ買取の方が望ましいでしょう。
このように買取と下取りのどちらが良いかは、結局は状況次第と言えます。総じて金額の高さを重視するなら、買取店の方がおすすめではあります。

更新履歴
このページの先頭へ